浜下武志『香港ーアジアのネットワーク都市』ちくま新書、1996年


プロローグ

 

第一章 香港と私ー南からの中国像を求めて

香港大学アジア研究センター/香港上海銀行資料室/華僑送金ネットワーク/マラッカにて/華南沿海の郷鎮企業と頼母子講(合会)/アジア域内交易

 

第二章 香港と日本ー補完し合う歴史モデル 

香港モデル/日本モデル/香港ネットワーク/植民地香港と日本/東南アジアと日本/大阪・神戸−上海−香港トライアングル/香港占領と返還間題

 

第三章 アジアの中の日本ー近代日本とアジア・ネツトワーク

香港史への眼/香港社会の歴史的構成/香港からの中国分析/地域史から見た東アジア/「鎖国」と現代/東アジア地域システム/アジア地域史のなかの香港/貿易と立国の間で/鄭観応と大川平三郎の面会

 

第四章 一国多制度の試みー一国二制度下の香港

一九九七年香港返還間題/香港の主権問題/宗主権と主権ー移民と国籍/九龍城史/香港ナショナリズム/海国中国の登場/広域経済圏/香港返還とアジア/香港アイデンティティ

 

第五章 香港後背地の形成ーその地政的位置

海からの接近/香港とシンガポール/海港都市香港/香港ダウンタウン/広州から香港へ/海に開いた香港/香港性の追求/香港をめぐる複合的後背地関係の形成/地域ダイナミズム

 

第六章 移民と華僑−為替送金ネットワーク

新たな地域経済圏と移民間題/中国人・インド人の移民/移民中継地香港・シンガポール/中継港としての香港・シンガポール/銀信局−華僑の為替送金ネットワーク

 

第七章 香港のタイパンージャーディン・マセソン商会の歴史

香港のタイバン/バミューダ移転案の衝撃/初期の形成過程/拡大発展期/企業経営と買辧資本/有限会社時代の開始/株式公開と新たな国際化/多角的経営戦略/香港への集中傾向/ジャーディン・マセソン商会と同族経営/国際化の試練/航運業の転換/経営戦略とJM商会の将来

 

第八章 アジアの金融センターーネットワーク都市の役割

銀と金の歴史−香港とシンガポールの金融上の位置/香港と上海/国際金融市場として/金融速度/市況変動/華僑送金/金融態度/庶民金融、義会/香港の金融グループ/香港上海銀行グループ/香港海銀行の歴史/国際化戦略/香港上海銀行の戦略と香港問題/新たな管理通貨体制と香港政庁

 

第九章 新たな香港モデルに向けてー多層型経済社会の運用

香港経済の内と外/経済社会の三層構造/潮州モデル/ネットワークー非制度的モデル/地域関係の中の香港/日本の関わり方/南北行/会館と宗祠/香港歴史モデルと国際関係/日本・香港・アメリカ

 

エピローグ

 

参考文献

 

680円


1990年本へ  1997年本へ