浜下武志『朝貢システムと近代アジア』岩波書店、1997年、6200円(外税)


まえがき

 

第一部 華夷秩序の展開と中華観

 

�T 東アジア国際体系

はじめに

1 東アジア国際体系をめぐる諸問題

2 華夷秩序の全体関係

3 統治における中央と地方

4 東アジア国際体系の内包と外延

おわりに

 

�U 中国と東南アジア

はじめに

1 中国の東南アジア認識

2 中国と東南アジアの歴史関係

おわりに

 

第二部 朝貢システムの生成と構造

 

�V 朝貢と移民 −中国の対外統治と日本−

はじめに

1 朝貢理念と中華意識

2 移民と広域経済圏の形成

小結−中国と日本

 

�W 「鎖国」期日本への人口圧力 −「ヒト」の移動と東アジア移民圏の形成−

1 東アジア・東南アジア域内ネットワークの活性化

2 日本に向けた「ヒト」の移動

3 漂流記録から見た「ヒト」の移動

4 朝鮮からの漂流民

5 媽祖信仰圏と「ヒト」の移動

6 東アジア地域史への新しい視座

 

�X 中国の銀吸収力と朝貢貿易関係

1 アジア経済史再検討の諸契機

2 朝貢貿易と中国の銀吸収力

3 ジャンク貿易と地域交易圏

4 カントリー・トレード(地方貿易)

5 海洋圏と交易都市

6 近代への間題史的展望

 

第三部 ヨーロッパとアジア

 

�Y 近代東アジア国際体系における日本とアジア

はじめに・

1 「朝鮮主属論」

2 清朝との条約交渉

3 国民の造成

4 植民地間題

5 近代化基準の採用と近代化政策

おわりに

 

�Z 朝貢と条約 −東アジア開港場をめぐる交渉の時代 一八三四−九四年−

1 交渉の時代の開始

2 開港場間関係の拡大

3 属邦と条約ー一八八二年「中国朝鮮商民水陸貿易章程」の交渉ー

4 中国海関の朝鮮への拡大

5 朝鮮をめぐる米仏英露日の条約−結びにかえて−

 

�[ 東アジア地域史の展開と「近代」

1 歴史的背景−東アジア地域史の変動と連続性

2 開港場ネットワーク

3 東南アジアをめぐるヨーロッパと中国

 

�\ 香港をめぐる主権と宗主権

1 東南アジアと東アジアを跨ぐ海域研究の視点

2 香港史の位置

3 香港経営をめぐるイギリスと中国

おわりに−主権・宗主権・ネットワーク

 

あとがき


1990年本へ  1996年本へ